伊太利屋台


今回のグルキムは!

夕方いちばん「ちゃちゃっとクッキング」のパスタメニューでお馴染み!

塘永常貴(ともなが じょうたか)先生のお店「伊太利屋台(いたりやたい)」。

09070201.JPG

熊本市繁華街から離れた熊本城周辺坪井川沿いに佇み、

入り口はレンガ調の雰囲気で手造り感がステキ!

カジュアルでアットホームな雰囲気をかもし出します。

09070202.JPG

ベーシックメニューに加えて、

09070203.JPG

旬の食材などを生かした黒板メニューもあれこれ…。

09070204.JPG

さて何を注文しようかと考えていると、

「キムカズ、何だか分かるかな~」と前菜が登場。

09070205.JPG

食感はスフレのようなそうでないような?

ん~さっぱりした味だが噛めば噛むほど味がある。なかなか旨い。

中身はカニ身?白身魚?

悩んだ挙句に尋ねると、

にやりと笑った塘永氏は「タコの卵だよ」と一言。

こんなやり取りがなかなか楽しい。

勧められるがままの黒ビールとの相性もはまります。

09070206.JPG

折角なので黒板メニューからも二品ほど…。

まずは「天草天然ヒラメのカルパッチョ」。

天草にこだわり、天然にこだわった私定番の一品。

09070207.JPG

店内も大人の遊び心がいたるところに…。

地階に下りる階段は自分だけのまさに隠れ家に入っていくような空間。

09070208.JPG

坪井川を眺められる中庭を設けた地下に加え、

2階テーブル席、厨房を目の前にしたカウンター席と3つのスタイル。

やんちゃな大人の集い場…、ってな感じです。

09070209.JPG

二品目は「天草マグロホホ肉炭火焼き」。

使っているのは天草近海であがったキハダマグロだそうです。

魚というより完全に肉といえる弾力とジューシーな味わい。

ただ、肉では出せない独特のうま味がたまりません。

醤油とニンニクのソースがより味を引き立てます。

09070210.JPG

赤ワインにしようかな~白ワインにしようかな~と悩んでいると、

「両方いっちゃえよ!」と塘永氏らしい解決方法。

09070211.JPG

ノリノリの二人はカウンター越しにルネッサ~ンス!

こうなったら止まりません…。

09070212.JPG

デザートはフルーツトマト感覚の甘~い「鹿本のトマト」と、

09070213.JPG

シナモンのきいた「焼リンゴとバニラアイス」。

09070214.JPG

賑やかに過ごすのもよし、静かに過ごすのもよし、

自分スタイルでカジュアルイタリアンが楽しめるお店です。

あ~楽しかった。


※投稿時点での情報となります。正確な情報は店舗までお問い合わせ下さい。

店名
伊太利屋台
住所
熊本市中央区新町2-7-14
TEL
096-352-3040
営業時間
18:00~23:00(LO)
店休日
不定休
URL
お店のホームページ等
Googleマップで開く

3つのコメントがあります


Warning: Use of undefined constant bones_comments - assumed 'bones_comments' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/fivecube/kimukazu.me/public_html/wp-content/themes/gamma/comments.php on line 25
ぶど~

グルキムを、お腹空いた時間帯に見るのは
『毒です~』(笑)
だって、画像で白いご飯やビールが頭を巡るんです!
熊本に住んだら体重+10kgになりそうです。
それにしても、熊本の番組はイイ物が多いですよね。
私は地元の番組を録画して観る事ないですもん。
宮崎のANさんが見学に来られたのも『納得』

★キムカズです★

確かに空腹時はこたえるでしょうね!
すみません。
なにせグルメネタは個人的に好きなもんで…。
楽しい話題と共にまだまだ紹介していきます!
今後ともご意見&ご感想お待ちしていま~す。
よろしく!

ぶど~

いえいえ。
私は食いしん坊なので、グルメネタ好きなんです。
熊本まで行けなくても見るのが楽しみ!味とか香りを想像するのも楽しいですよね。
見るのが好き繋がりで…地図も好き~(関係ないかっ)

コメントは閉鎖されています。